RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
企業も婚活応援
 朝、テレビを見ていたら、最近の企業では、従業員の婚活を支援するための活動を行っている、という新聞の記事を紹介していました。朝は1分1秒を争うので、詳しい新聞名までみてなかったのですが、 婚活のために紹介パーティーを催したりするそうです。それもこれも、従業員の私生活の充実が仕事への活力、という観点からきているようです。

 確かに、今、日本人の晩婚化・非婚化が言われています。

 厚生労働省の人口動態統計によると、2008年の平均初婚年齢は、男性30.2歳、女性28.5歳でだそうです。およそ30年間で男女ともに3歳ほど上昇しているとのこと。それでも、まわりで30代を超えて結婚していない人はいっぱいいます。それなのに、この数字、というのは、若くして結婚をする人も結構いるということです。両極端なんですね。

 総務省が行っている国勢調査によると、05年度の未婚率(15歳以上人口)は男性30.9%、女性22.7%、また、生涯未婚率(50歳の時点で1度も結婚したことのない人の割合)は男性15.4%、女性6.8%で、男性の場合7人に1人は一生独身という数字が出ているようです。

 結婚って、大学生のころまでは、そりゃあ、いい時期にできるでしょう、思っていた人も多いと思います。でも、これが意外と難しいとわかるのが、そのいい時期が過ぎたころ。そして、焦れば焦るほど、なかなかいい相手に巡り合えず、仕事が忙しく、出会いのチャンスもなく・・・。

 確かに、家でほっとくつろげる空間と気持ちをわかってくれる相手がいれば、厳しい仕事も乗り越えられるし、はりがでる、と考えるのは当然なのかもしれません。もちろん、それは人によって考え方が違うので、結婚してるかしてないかは関係ない、ということもあるのかもしれませんが。

 でも、したい人がなかなかチャンスがない、という状況であれば、今回の企業の婚活支援もなかなか福利厚生的にグーかも。

 それに、結婚するかしないかにかかわらず、いろいろな人と会うことは、人間の幅を広げると思います。 その延長線に何かがかわるかもしれません。


                      特定社会保険労務士 中川 美弥
author:社会保険労務士法人 すずき事務所, category:労働保険・労働問題, 08:57
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:57
-, -, pookmark
Comment
晩婚とか、再婚とか、もっと自由な人生設計にあった社会保障も欲しいですね
mityu, 2011/03/09 6:38 PM