RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ママ企業、起業

 朝のテレビでよく新聞の紹介をしていますが、それがけっこう、気になります。

 今日の記事は、東京新聞からで、ママ企業家が増えている、というものです。

 テレビのちょっとした紹介なので、詳しい内容まで見れないのが残念なのですが、要旨としては、最近の不況で働き場所がない、子どもが小さい、預け先がないので、普通に社員として働くことが難しい、残業ができないからおとされる、といった理由で、それなら起業してしまえ!!ということらしいです。

 そして、どんな業種かと言えば、やはり、自分が身近に感じるもの、体験したものが多く、病気中の子どもの世話をする会社などの子育て支援に関するもの、子ども用の雑貨、本などの販売、英語指導、幼児教育など子どもの教育に関するものが多いようです。

 いやいや〜、パワーがありますねえ。

 起業自体が昔に比べて、しやすくなったということもありますが、続くかどうかは頑張り次第ですよね。配偶者が働いていてある程度の収入が確保できているというのも、起業化しやすいんでしょうね。万が一失敗しても、まだ救いがある、という安心感とか・・・。

 私も何度か起業したい!(社労士でなくて)と思ったこともありますが、なかなかふみきれませんでしたね・・・。何でかって?やっぱり、女性の大好きなカフェです。でも、実際、今も地元の方をみていると、自分で商売をする、ということ、特にサービス業や飲食店というのは本当に大変で、よっぽどの覚悟が必要だと感じます。

 なのに、国はまず、公務員を共済で優遇。そして、サラリーマンを優遇、厚生年金に加入でき、自営業は国民年金のみ(もしくは、任意加入の微々たる基金のみ)。

 同じように働いているのに、年金制度が違うなんておかしすぎます。同じよう、それ以上に働いてきて、65歳以降の年金額がこんなに違うなんて変!

 と、なぜか、話が脱線してしまいましたが、起業する、という人を国としても、後押し、応援していってほしいものです。中小企業経営の活発化が、日本を元気にする源だからです!!


              特定社会保険労務士 中川 美弥

author:社会保険労務士法人 すずき事務所, category:-, 08:57
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:57
-, -, pookmark
Comment
自営業も法人化すれば厚生年金に加入できると思うけど、一次産業(農業・水産業)に従事ししている人への年金制度は確かに不公平だなと思います。
mityu, 2011/03/11 9:22 AM