RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
計画停電中の休業による手当
 

 計画停電が実施されています。
 これにより事業場に電力が供給されないことを理由とする休業の場合の休
業手当(労基法26条)の取り扱いに関する通達が厚生労働省からでました。

 それによると、今回の震災に伴う計画停電の時間帯に、事業場に電力が供

給されないことを理由として休業する場合については、原則として労基法26条に定める「使用者の責めに帰すべき事由による休業」には該当しない、としています。

 H.23.3.15の通達によると、
 
1)計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業については、原則として法第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休

業には該当しないこと。



 (2)計画停電の時間帯以外の時間帯の休業は、原則として法第26条の使用者の
責に帰すべき事由による休業に該当すること。ただし、計画停電が実施される日において、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるときには、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として法第26条の使用者の責に帰すべき事由による休業には該当しないこと。



 (3)計画停電が予定されていたため休業としたが、実際には計画停電が実施され
かった場合については、計画停電の予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえ、上記1及び2に基づき判断すること。

 ということです。

 つまり、原則、計画停電中の休業は休業手当を支払わなくてよい、計画停電以外の時間の休業は払う、でも、どうしても経営上仕方なければ、払わなくてよい、というような趣旨になるかと。
計画停電の予定が実施されなかった場合は、その事情等を踏まえて個別判断、ということのようです。

 難しいですよね・・・。判断の方法が。でも、経営者も大変かとは思いますが、このような事情下、少々のことは、目をつぶる必要もあるのかと。また通常時にしっかり働いてもらうということで。労働基準法は、あくまでも原則論です。でも、実際の労働は人間のすることです。気持ちを持って、お互い困難をのりきっていきたいものです。

 
           特定社会保険労務士 中川 美弥
 

author:社会保険労務士法人 すずき事務所, category:-, 08:32
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:32
-, -, pookmark
Comment
計画停電はしばらく続くと思われる状況下なので、もう少し具体的事例判断なども欲しいところですね
tnk, 2011/03/18 9:38 AM