RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
福島県では解雇続出〜私たちができること
 福島労働局は東日本大震災で被害が大きかった沿岸部と県南を中心に、福島県内で労働者928人が解雇されたり、解雇の予定だと発表ました。さらに、東京電力福島第1原発の半径30キロ圏内は原発事故により立ち入れないため調査はできないそうですが、圏内約5万8000人の大半も最終的に解雇や休業に追い込まれると見込んでいるそうです。


 また、従業員100人以上の事業所では、68事業所で6046人が休業、928人の解雇や解雇予定ということで、原発の影響は非常に大きくなっています。

 地震の時は、こんなに影響が長引くとは思っていませんでしたが、津波、という問題が発生し、事態は大きくなり、原発、という問題が発生し、さらに影響が大きくなりました。

 東京でもその余波は大きく、事業運営は厳しい局面を迎えています。

 関西の友人に聞くと、関西ではさほどの影響はないということですが、日本という国全体を見たときには、危機的状況といっていいでしょう。

 毎日このようなコラムになってしまいますが、ある人のコラムを見たときに、私たちができること、は、テレビで言う節電やら、買占めをやめようというだけではなく、なるべく普段通りに仕事をすること。できる人は普通どおりに仕事をこなすことだと書いていました。

 そうだなあ、と思います。普段通りに生活する、ということではなく、普段通りに仕事をこなす、もしくは普段以上に仕事を効率よくこなす、これが日本の経済を立て直す力ではないかと思います。

 そういうわけで、私は仕事の時間を超集中して、早く仕事を切り上げることにしています。朝早く出勤し、仕事をいつもどおり、以上行うことを心がけています。

 縮こまっているだけではだめではないかと、そう思わされました。


             特定社会保険労務士 中川 美弥
author:社会保険労務士法人 すずき事務所, category:-, 08:00
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:00
-, -, pookmark
Comment
「平常心」と「思いやり」

まさにどちらも見えず、
 どちらも継続することは困難です。
tnk, 2011/03/31 10:16 AM